団塊おやじの徒然からの逃避録

建機の小松の『コマツの杜』は、子供と楽しめます

   

最近、中国からの爆買いが下火になってきたということが、テレビでよく放送されています。
しかし、その一方で日本に観光を兼ねて、がん検診などを受けに来るツアーが俄然盛んになってきているそうです。
そんなことも有り、取引先の社長から東京でのがん検診前のひと時を、北陸・石川の文化やグルメ、そして一寸した先端技術のお勉強のコースを組んでくれないかと言う依頼がありました。

20161105_10201620161105_104011そこで、食や文化・観光はお決まりのコースで十分ですが、中国陣に対する工業的なもは、
と言えば「これでしょう!」と思いあたるものが、ブルトザーの「建機のコマツ」です。
そして、うまい具合にコマツの創業地は石川県で、JR小松駅の東側には「コマツの杜」と名づけられた、子供も楽しめるコマツの紹介施設があります。

20161105_10222220161105_102156案山子(かかし)祭りの案山子たちが居並ぶエリアを通り抜けると、超デカイ「世界最大級大型ダンプトラック 930E」に人だかりが出来ています。
皆さん、このデッケ~お化け乗り物に乗りたくて、順番を待っています。
因みこのダンプトラックは、アメリカイリノイ州で年間平均約200台生産されているそうです。
出荷先は、アメリカ、中国、オーストラリア、インドネシアだそうです。
体重は202トン、運べる重さは297トン、走る速さは最速64.5km/h だそうで、愛称は「きゅ~さんまるい~」だそうです。

20161105_10381020161105_10373420161105_103618いやはや、近づけば近づくほど、本当にデッカイです。
時々、電車に乗ったときに小松駅構内から見たことはありましたが、こんなに近くで見たのは初めてでしたので、たまげました。
ジジイ1人で乗り込むのも、何か気恥ずかしい気がしますので、こんど孫を出汁に乗ってみたいと思います。

20161105_10273420161105_10234720161105_102405そしてこちらの建物は、子供たちが喜びそうな乗り物や大きなスクリーンで紹介ビデオが流されています。
受付のウグイス嬢が手持ち無沙汰にしていましたので、目的の団体さんの見学や本社工場の工場見学等の状況を教えてもらいました。
私が60年ほど前の超若かれし頃、コマツの工場で「戦車」を作っているところを見たことがある話しをしていましたら、今でもそれに近いものを作っている部署があるようで、社員でもICカードでしか出入りが出来ないと言うようなことを言っていました。
ま~いずれにしても、子供たちは 大・大・大感激のようでした!

20161105_10385620161105_10280220161105_102857そして、後ろの建物は研修センターで、世界各国から研修生が集まるようです。
また、その一角にはコマツの歴史を物語るブルトザーが陳列されており、
我々地元の者としては、本当に懐かしい思いに駆られます。

コマツの杜は、小松駅から歩いて5分ほどのところにありますので、是非一度訪問されることをお勧めいたします。

と言うことで、杜は杜でとても良いのですが、大人はやはり「粟津工場の組み立てライン」の方が断然受けそうな気がしました。
下見しておいて、よかった~~!

 - 人気スポット探訪