団塊おやじの徒然からの逃避録

加賀平野に白鳥が 早くも飛来!

   

今日、ゴルフの練習に行くために「片山津温泉 柴山潟」の側道を走っていると、田んぼの中に白いポツポツが見えてきました。
まさか、と思いながら車を止めて近づいてみると、まさに「渡り鳥 白鳥」の群集でした。

img_0001
で~ どの辺かと言いますと
img_0007img_0008柴山潟の北側の堤防脇の田んぼの中です。
今日は、今年最後かと思うくらいの晴天で、12月に「逸者会」の忘年会を開催する予定の「大江戸温泉物語 ホテルながやま」もクッキリと見えています。(一寸、余談!)

img_6540そして、東を望めば「霊峰 白山」も、その雄姿を見せてくれています。
白鳥さんたちも、中々良い場所を選んだものだと、感心しきりです。

img_6535img_6541近づいてみると、ヤッパリ相当いますね~!
今ではこうして水のある田んぼが、滅法少なくなって渡り鳥が越冬する場所が少なくなってきているようです。
落穂を拾いながら、水(泥水)浴びををしている光景が、あちこちで見えます。

img_6536img_0002オヤ~? アップして分かりました、招かれざる客がポツーンと紛れ込んでいます。
まさに「サギ」ですね~!
まだ、色つきの白鷺のようで、雪が降る頃には、特急の名のごとく”しらさぎ”になってくるのでしょう!

img_6545img_6548img_6551てなことを思いながら白鳥達を見ていると、なんと鶴のマークを尾翼に冠した「JAL機」が小松空港から飛び立ちました。(小さくて、分からないかも!)

そして、負けるものかと飛び立った白鳥達が、とてもユーモラスでした。

白鳥が飛来してきだしたと言うことは、シベリア当たりは寒さが増してきて、いよいよ冬将軍の到来もま近かになって来ていると言う事なのでしょうね~!

 - 季節 あれこれ!