団塊おやじの徒然からの逃避録

金魚好き 集まれ~ 『アート アクアリウム展』

   

現在、10月14日までの予定で、金魚を芸術に取り入れたアートアクアリウム『金沢~金沢の密』が『金沢21世紀美術館』で開催されています。

%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88この金魚アートは、超人気企画で10年間の実績を持ち、全国でもくまなく開催され、大勢の金魚好きを集めています。
会場内は、若い子連れ夫婦やアベックの人たちで、足の踏み場も無いような盛況振りです。

dscf5072今日は、平日の雨天にも関わらず、入場待ちに30m程の行列が出来ています。
ただし、この行列はチケットを持っていない人たちの列で、前売りチケットを持っている私たちは、この列に付かずにスンナリと入場できました。
興味のある方は、コンビニなどで予めチケットを用意して、会場に行かれることをお勧めします。

dscf5073dscf5075展示会場に入ると、もう前に進めないほど観客で一杯です。

dscf5076dscf5077最初の展示室には、色とりどりの金魚が光の効果を伴って、見事に飾られています。

dscf5081dscf5083dscf5085この展示は、日本文化の襖をバックに、優雅に泳ぐ金魚とのコラボです。
バックの襖絵は変わり、緒方光琳のカキツバタなども使われているようです。

dscf5092dscf5094こちらは洋的な雰囲気の大きい金魚鉢風で、水と光とガラスのコントラストがとてもきれいです。

dscf5102dscf5100屏風の中に金魚を泳がせた大作です。全然人が動きません。
私は、身長がありますので、頭越しにパチリといけますが、そうでない人はこんなアングルでは、中々撮れません。

dscf5095dscf5106全国各地で開催されたときのポスターですが、色々な企画があるようで、多彩さが伺えます。

dscf5108会場内では、『アートアクアリュウム』を創り出した第一人者の木村英智さんの紹介ビデオが流されております。
五感で感じることが出来る新しい空間を作り出す、『アクアリュウム』と『アート』を融合させた『アートアクアリュウム』の魅力を十分に堪能することが出来ます。

何と言っても金魚経ちは生き物ですので、動く芸術・・そのものでした!

 - イベント探訪