団塊おやじの徒然からの逃避録

小松空港にギャラリーが新設されました!

   

北陸新幹線』が開業して、早14日で1年になります。
新幹線の開業以来、東京への最短交通手段の『小松空港』は、押されぎみ・・と言うより負け戦状態になっています。

IMG_0001IMG_0015今日は久しぶりに来客を迎えに、到着ロビーに行ってきました。

IMG_0003空港ロビーの入り口には、福井恐竜博物館から『ディノザウルス』が出張中で、動く恐竜が目を光らせながら『ガァオー』と、出迎えてくれます。

IMG_0002IMG_0004そして大きく変わったのは、到着ロビーの奥に九谷焼などの石川県の『伝統工芸展示ギャラリー』が新設されていました。
ギャラリーの入り口では、金沢の『百万さん』と福井県勝山の『恐竜博士』が出迎えてくれていました。

IMG_0014ギャラリー内の壁面は、著名な九谷焼作家の作品が華やかに飾られ、壺や皿と違ってどれも大作で、見ごたえ十分です。

IMG_0008三代目浅蔵五十吉(與成)作 九谷焼陶板『兼六園』です。
もう30年ほど前になりますが、バブルのころ五十吉作のぐい飲みを2万5千円で買ったことがありますが、この五十吉は相当の値打物です。

IMG_0006これは、私の大好きな木場潟と白山をテーマにした
長谷川紀代作 九谷焼陶板『木場潟と白山』です。

IMG_0011IMG_0010宮本雅夫作『五箇山』、吉田幸央作『東尋坊』と、秀作が続きます。

IMG_0007中央部には、金箔を使った工芸品や石川の銘菓等が展示されています。

IMG_0012IMG_0013そしてギャラリーの奥には、『輪島塗、山中塗』で作られた、石川県の36種類の伝統工芸品を一堂に会した、案内パネルが展示されています。

小松近辺に起こしの節には、空港の屋上で航空機の発着を楽しみ、空港前の『航空プラザ』で戦闘機の操縦席に乗って操縦桿を握る等、お子さんが喜ぶこと請け合いです。

 - 人気スポット探訪