団塊おやじの徒然からの逃避録

嗚呼たまげた 80歳のスーパー爺さんとラウンド

   

私のゴルフ暦は30年以上はあるのですが、会社勤め中はいわば『お友達ゴルフ』で年に数回のラウンドと練習無しのゴルフ人生で、お察しの通り人にお見せするには程遠いものであります。
しかも、会社卒業後は4年ほどゴルフから遠ざかっておりましたので、このままゴルフをすることなど生涯ないと思っておりましたが

ピンコロ人生の全うには何か運動を、と思い立って、今年の6月から4年ぶりにゴルフを再開しました。
再開に当たって色々調べてみると、運のよいことに家から車で20分ほどのところに1回1000円で2時間ほど練習が出来る9ホールのショートコースと打ちっぱなし(籠の練習場)があります。

また、車で10分のところに5000円で1人で行っても組み合わせ(1人の人ばかりが集まってプレーする)をしてくれるそこそこの『パブリックコース』が有ります。
IMG_3207IMG_3194IMG_3197
コマツパブリック』と言って、歴史は30年ほどあるコースで、去年経営者が変わってから大人気のコースです。
今日も『もみじ会』と言う爺婆中心のクラブ内コンペで一杯でした。

IMG_0001IMG_0002

さて本題に入りますが、今日は雨上がりで最高のゴルフ日和になりました。
そして組み合わせが、なんと80歳の爺さん75歳の爺さん67歳の私の3人です。

75歳の爺さんは年相応に枯れた爺さんでスコアーも120くらいで、年相応です。
ところがこの80歳の爺さんはたまげた事に、年の頃なら70歳そこそこにしか見えない、見るからのジェントルマンです。
その爺さんと意気投合して色々聞いてみると、自慢話も含め、泉が丘高校、一橋大学出身で、ある大手商社で役員を務めた往年のエリートで、65歳まで『ハンディ5』のバリバリのシングルプレーヤーだったそうです。
そして、この爺さんなんと今でも1日おきにラウンドして、『片山津ゴルフ倶楽部』をはじめ4つのコースのメンバーだそうです。(うらやましい、お金もち~!)
また76歳の奥さんとも、罪滅ぼしで週に1回はラウンドするそうです。
ま~現役の時には死に物狂いで、会社と国家の為に仕事に勢を出したのでしょうが、世の中には幸せというか、すごいと言うか、こういう人が居るのですね~!

そこで現在の腕前はと言うと、ドライバーは200ヤードのとても80歳とは思えぬ力強いショット、アプローチもパターもさ~すが、と思わせる腕前でした。
そして今日のスコアーは89でした。因みにわたし105、枯れた爺さんは121でした。

IMG_0005
凄いですね~! この綺麗なバックスイングとフォーム! シャキッとしてます。

そして、何を気に入ってくれたのか、一部始終を指導してくれました。
1.あなたのスイングは、踊っているみたい。頭は絶対に動かさず、背骨を中心に体を回転させる。
2.あなたのアプローチは、すくっている。ダウンブローにフォロースルーをシッカリ取るように。
3.あなたのショットは、ボールに当てにいっている。振り切るように。
4.ショートコースは必ずピン手前から攻める。ピンオーバーは必ず失敗する。
5.パターについては、よく出来ているので、助言することはない。
6.ゴルフはルールが基本だからと事細かにルールの教授!

等々、見本を見せながら、細部にわたり教えてくれました。

爺さん曰く 『今まであまり他人に教えたことはないが、ここまで教えたのは、あなたが初めてだよ!』、『今日、あなたは私と会って、本当に幸運でしたね!』 ですって!!

でも、本当に次回できるかどうかは別として、確かに教えられた通りにするとうまくいくことを経験しました。
アウト=56、イン=49、トータル=105 のラウンドでした。

次回の100切りが、大いに期待できるような気がしています。

 - 雑記